みなさまからの多い質問をQ&Aにしました。

どんな犬がいますか
センターからの保護犬ですので 主に
・子犬の場合は中型犬の雑種
・成犬の中型犬から大型犬の雑種
・中型犬から大型犬の純血種
小型犬の子犬はまずありません。小型犬の純血種を保護することもありますが、ごくまれです
今、現在募集している犬は「里親募集掲示板」をご覧下さい。


犬を譲っていただきたいのですが
まずは「里親さんの条件」をお読みください。
内容に同意いただけましたら、見学希望の犬・見学希望日をご記入し「里親希望メール」を送信ください


すぐ見に行きたいのですが
保護場所が数ヶ所に分かれており、それぞれ仕事を持っている方もいるので
まずはお電話またはメールで、1週間位前までに見学希望日をお知らせください。



譲渡された犬とうまくいかなければ、返してよろしいのですか
残念なのですが、引き取ります。
基本的にある一定の期間(環境になじむことや、里親さんとの相性の確認のため1週間から1ヶ月位)
お試ししていただいた上での譲渡となりますので、その期間中によく考えて決定してください。


譲渡後の犬は、その後どういう飼い方をしてもよいのですか
譲渡契約にある条件を厳守してください。もし不適切と判断した場合は引き取る場合もあります。


子供をうませたいのですが
当グループから譲渡する子達はすべて去勢・避妊をお願いしています。
もし、同意いただけない場合は譲渡をお断りしております。


なぜ去勢・避妊をおこなうのですか
不幸な子をこれ以上増やしたくないのがその最大の理由です。
また、不妊手術は単に繁殖制限だけでなく、将来的にかかる危険度の高い諸疾患を
防ぐなどのメリットもあります。現在は各市町村から不妊手術に対しての助成金も出ております
(金額は市町村ごとで異なります)。
当グループからの里子には協力をお願いしています獣医さんへの紹介もいたします。


はじめて犬を飼う初心者でも大丈夫ですか
これからの生涯にわたって面倒を見るお気持ちさえあれば、どなたでも新しい飼い主さんになれます。
ただし、その子の種類や性格、健康状態によって、難しいと判断させていただいた場合には、
ご希望に応じかねることもあります。


犬はやっぱり子犬から飼いたいと思っているのですが
お気持ちはよくわかります。
しかし、子犬の時には、性格・攻撃性・サイズをイメージするのはかなり難しいです。
保護犬の中には「思っていたより大きくなりすぎた」「いうことを聞かない」
といった理由でセンターへ持ち込まれる子もいます。
そういったことで一概に子犬から飼う方がよいとは言えないのです。
詳しくは「成犬を飼うメリット」をご覧下さい。


保護犬は完全な健康体ですか
保護直後はすぐに獣医さんに見てもらっています。
またその後はトリマーさんにお願いしてきれいにしてもらっています。
ただ、残念なことに病気にかかっている子や、事故や虐待でけがを負っている子もいます。
健康な子もそうですが、生涯この子達と真剣に向き合ってくれる里親さんに譲渡しています。


犬種を指定することはできますか
ホームページの「里親さん募集中の子達」をこまめにチェックして下さい。
センターからの保護犬は金曜日には掲載されています(都合により遅れる場合もあります)
また、希望犬種が見つかる保障もございません。


譲渡された後に、しつけなどはどの程度必要ですか
その子その子で違います。基本的なしつけが出来ている子もいれば、まったく出来ない子もいます。
その子に適したしつけをゆっくり時間をかけておこなってく必要があります。


お金はいくらかかりますか
個々の実施内容により、増減がありますが、ワクチン1回実施の子犬の場合おおよそ8千円、
成犬で不妊去勢手術、ワクチン、検診等全て行った場合で3万円ほどご負担頂いております。
詳しくはメールまたはお電話で直接お問い合わせ下さい。