私たちは、主婦中心のボランティアグループです。
正会員19名と数十名のお手伝いスタッフで、捨てられる命を1匹でも繋ごうと頑張っています。

もとは2002年から代表池田(カン太ママ)が1人で始めたセンターに収容された
犬の引き取り、里親探しのボランティア活動が、徐々に輪が広がり、
現在の石川ドッグレスキューと言う会になりました。

私たちには収容施設がありません。10数軒のスタッフ宅で、
犬を預かり、里親探しをしています。
活動は全てボランティアで、年数回のチャリティーバザーの収益と、
皆様からの善意の募金で、犬達のフード代、治療代などを賄っています。

犬たちには保護後、それぞれに必要な検査、医療行為、ケア等を行っています。

譲渡の際には、不妊去勢手術代金、ワクチン代金など、
かかった経費の一部を里親さんにご負担頂いております。
その子その子の実施内容により、負担金は異なりますので、
詳しくはお問い合わせ下さい。(3千円〜3万円程度)






石川ドッグレスキュー会則

第1章 総称
(名称)
第1条 本会の名称を 石川ドッグレスキュー とする。

第2章 目的
第2条 動物の愛護及び福祉のためのボランティア活動を通じ、命の大切さを伝え、
思いやりのあるやさしい社会の実現を目指す。また適正飼養の普及に努め、
動物と人が互いに快適に共生できる社会を創造する。

第3章 基本活動
・センターに収容された犬やそのおそれのある犬を保護し、適正な飼い主に譲渡する。
・行政と提携や不妊去勢の普及活動により持ち込まれる犬を減らす。
・動物と人がより快適に暮らせるよう犬猫の適正飼養の知識を広める。

第4章 会員
(種別)
第3条 この会の会員は下記の2種とする。
(1)活動会員 この会の目的に賛同し、他動物愛護団体に所属していない活動に参加する個人。
(2)賛助会員 この会の目的に賛同し、その活動を賛助する個人または法人、団体。

第4条 役員
活動会員の中から3名以上10人以下を役員としておく。任期は1年とする。
役員は役員相互の連絡を密にし、会員の疑問・相談事などあらゆることに誠意を持って対処する。

第5条 運営費
1.決まった会費は定めず、全て寄付金及びバザーの収益金にて運営するものとする。H20年9月現在
(※今後見直しにより会費が発生する場合あり)
2.寄付金、収益金の主な用途は、保護動物にかかる医療費、フード代等その他活動に関わるものとし、
その使途をホームページ上で公開する。

第5章 会計
第6条 
本会の会計年度は毎年4月1日から翌3月31日までとする。
第7条 収支報告
本会は会計年度終了後、2ヶ月以内に会計審査を行う。
会計審査終了後、会計責任者はホームページ上で会計報告を行う。
第8条 活動報告
本会は半期に一度活動報告を作成、1年に一度年間事業計画を作成しホームページ上で公開する。


※H20年9月現在の会則です。今後見直しにより変更になる場合もあります。

 


コチラをご覧ください

 


コチラをご覧ください